雨霊の日常 Part10

祝! 日常パート数2桁目!

どうも皆さん、こんにちは。雨霊です。
題名を書いているときに気づいたのですが、この「雨霊の日常」も今回で2桁ですね!
まだギルドにも入ってないし、PVPも始めていないので日常編しか書けないというのが本音ですが、こつこつ書いていきますよ!

ブロガーの先輩方はどんなカテゴリを作って書いているんだろう・・・?
本当は見て勉強したいのですが、ゲームの情報が入ってきてしまうのは困るので怖くて見れずにいるんですよね^^;
何かおすすめあればいつでも教えてください!

ほうこく

新キャラ作成!

まずは最近作ったキャラの紹介をします!
今回はランというクラスを選択しました。目をつぶってランダムに選んだ結果ですw
どのキャラも興味を持って育てれば愛着がわいてくるというのが私の経験談ですので、どのクラスでもいいのです。

さて、キャラクリですが、今回は時間がかかりましたw
2時間くらいかかったかな。キャラクリガチ勢の方からしたら全然かもしれませんがw

どこで唸っていたかは彼女の写真を見ればわかるのかな?
とりあえず貼りますねw

熾雨(しう)さん

今回のテーマは「赤」でした。この子を作った日にきれいな夕焼けを見たからですw
私の技術で体のどこかを赤にするというと目か髪しか選択肢がなく、髪は何となく時雨燕君と同じ感じにしたいと思っていたので目になりました。

一応イメージは、「雨夜の中、傘もささず旅を続ける鬼」でした。
赤→鬼という安直な思考回路w

名前は熾雨(しう)になりました。
「赤」と「雨」を入れたかったので変な名前になっちゃいましたが、これでも1時間くらい考えたんですw

さて、みなさんは私がどこで苦戦していたかおわかりでしょうか?
答えはお鼻ですw
初めて本格的にお顔をいじったのですが、なーんかお鼻だけしっくりこないんですよね。
皆さんから見れば いや、ここも変だろw という箇所があるかもしれませんがw

全体的に見ればまあまあイメージ通りに作れたかなと個人的には思っています。イメージに合ったアバターがあれば購入も考えていきたいですね。
アバターが取引所で買えるのを最近知ったので、買えるようになるまで当分は我慢しようかな><
アバターの染色もすごく魅力的ですね! でもどれも高い・・・w

前回お話ししたもう1人の新キャラについてですが、まだいい名前が思いつかないので作成できずにいます。

さて、お次は新しい仲間の紹介です!

新しい仲間!

年末に、初心者パックだっけな、7割引きくらいされてるパッケージがあったので買っちゃいまして、それにスコティッシュフォールドが入っていました!

あれ、もうすでに覚えのある視線が・・・w
今回はちゃんとした名前を考えましたので安心してください!

スコッティ君

名前はスコッティ君です!
あ、あれ?なんでそんな目で?
スコティッシュフォールド→ティッシュ→スコッティは我ながらナイスなネーミングだと思ったんですけど! だめですか! そうですか!

急げ! 本編だ!

前回のあらすじ

前回は少しひどかったですね。あのおバカフォガンめ、忘れないぞw

  1. 納得がいかないフォガンの対処
  2. ナーガの対処をしようとするがすっぽかして黄金ヒキガエル旅館に戻る
  3. 次の目的地はカルフェオン!

こんな感じでしたかね。結局前回の謎も解決していないんですよね。先に進めばわかるのかな?

いざ! カルフェオンへ!

わかってますよーだ!

準備が出来次第ポビオスさんに話しかけろと言われていたので、話しかけると、どうやらイソベルさんを迎えに馬車が来るそうです。

言われると思った。

分かってますよーだ。どうせまたゆっくりだけど急ぎなさいとか言うんでしょ。

と思ったら違いました。

ピラーギ?

他にも反乱軍っていたんだ。ピラーギか、聞いたことないです。

あー、はいはい

なーるほど。どーせ私は雑用ですよーだ!

イソベルさんたちはカルフェオンの入城関所であるデルペ騎士団城というところに行くらしいです。そして私はその露払いをすることになりました。

え、君そこに乗るんだ!?

ピラーギ率いる反乱軍と戦うために、北部中立地帯という場所に向かっている途中、ふとレインに乗っている雨笠さんを見てみると、

ん?!

足の間に何かいる。と思ったらスコッティ君でしたw
こんな粋な仕様もあったんだ! と感動しましたw

少なすぎる部隊

北部中立地帯へ着くと、反乱軍に充てられたであろう部隊が訓練をしていました。

す、少ない

ピラーギたちがどれだけの軍勢なのかは分からないけど、これでは厳しいんじゃないかな・・・?

そりゃあ、つれえでしょうよ・・・。(古)

やはり苦戦しているようでした。そして、目的も一致しているので加勢することになりました。

かっこいい!

今回は普通に戦ってもレベル差がありすぎて面白くないので、馬に乗った状態で戦闘をしてみました。いつの間にかできるようになっていたことで、馬具のどれかに馬上で戦闘可能になる効果がついているのかな?と思っています。
やってみて思ったのですが、レンジャーの馬上での戦闘は結構良いのではないでしょうか。攻撃判定の範囲がすごく広く、パワーブレイドスイングという連射スキルが移動しながら打てる点も強みだと感じました!

!!?

今まで黒い砂漠をやってきて一番驚いた出来事でした。例によっていろんな種類の反乱軍を倒して、闇の精霊さんの話を聞こうとて呼び出すと、見たことないようなものが出てきました。

え?だれ?!

いつの間にか変化してるし!! やっぱりあの時のナーガの遺物か?!
ちょっとこれは首を傾げますね。ひょっとしてバグなのでしょうか?
いきなり変わるのはおかしい気がします。皆さんの時もこうだったんでしょうか?

あの女=イソベル です

そんな可愛い事を言っても、もう素直にほっこりできない容姿に・・・トホホ

VS ピラーギ

だいぶ落胆しながら、反乱軍の兵士たちを蹴散らしたり反乱軍のお宝を盗んだりしていると、闇の精霊さんが話しかけてきました。はい、いつもの流れですw(ボス戦)

ピラーギは力が強い人間と聞いていたのですが、アルさんの件もありますしどうせ人間とは思えないくらい大きいんだろうなーと思いながら召喚書を使うと、

やっぱり。

予想通りすごく大きかったですw
でもレベル差のせいでほとんどダメージを受けなかったですね。むなしい^^;

イソベルさんからの信頼・・・?

北部中立地帯に戻ると、先鋒隊長からこんなことを言われました。

お、イソベルさんもう通り過ぎたんだ。
お・・・?

・・・これは信頼と受け取っていいのでしょうか?w
多分いいですよね!

ゲームの中とはいえ、信頼されるのは気分がいいですねw
そうして雨霊はテンション高めでデルペ騎士団城へ向かうのでした…。

今回はここまで!

てなわけで、今回はここまでなります! お疲れさまでした^^
次回はデルペ騎士団城からの始まりになるのかな? まだプレイできてないので分かりません!

にしても、今回の闇の精霊さんの件、バグなら治してほしいなぁ。。
2度見どころじゃなかったですからねw へっ?って変な声が出ましたw

それではみなさん、また次回でお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。