雨霊の日常 Part13

地獄だった…。

どうも皆さん、こんばんは。雨霊です。
ようやく生活が少し落ち着きました! またすぐに忙しくなるだろうけど…;;
年末からほとんど黒い砂漠できていないので操作方法も結構忘れてるだろうなー、早くリハビリをせねば。

今回まではいつぞやの撮りだめで記事を書くと思います!

それでは、本編へどうぞ!

ほんぺん

前回のあらすじ

さて、皆さんお忘れのことと思いますw 前回はこんなことをしました。

  1. デルペ前線基地に到着!
  2. 支給品を届ける
  3. イソベルさんとエルさんが不仲だということをポビオスさんに教えてもらう
  4. ポビオスさん良い人説

前回の投稿から時間がたっているにもかかわらずポビオスさんの良い人ぶりは深く記憶に刻まれていますw いやー、良い人だったなー。

手助け

エルさんも良い人…?

イソベルさんには内緒でポビオスさんからゴーサインを出してもらった雨霊は、エルさんに手伝える旨を伝えに行きました。

この人も…

この人もまた良い人そうなオーラがすごい…。

話を聞くと、クルト族を一網打尽にする計画があるらしいがハーピーの妨害が心配だということでした。そこで私にはハーピーの抑えに回って欲しいそうです。

許可も貰ってますし、尽力させていただきます!

あの、今噛みました?

前線基地にいる人たちの話を聞いて回っているときの話です。

ん? 今なんて?

クロト族…?

あ。

あ、無かったことにしてる。

NPCでも噛むことあるんですね^^

丘の上のハーピー

ハーピーを抑えるといってもやることは単純で、前線基地周辺のハーピーを狩るだけでした。

また、前線基地近くの丘の上で大きいハーピーの羽根を拾いました。このまま戦闘か?と思いましたが、結局出てくることはありませんでした。いつかボスとして出てくるのかな?

引っ張りだこ雨霊

無事指定された数のハーピーを狩り、前線基地に戻りました。作戦はうまくいったのかな?

良かった。

無事に成功したようですね。よかったです!

すごく感謝された後、

スカウト!

スカウトされました!この間も言った気がしますが、ゲームとはいえ悪い気はしないですねw

丁重にお断りさせていただき、イソベルさんたちの待つ北部小麦農場に向かいました。

北部小麦農場へ

案内役の妖精さんについてしばらく進むと、いかにも農業地帯っぽい場所が見えてきました。

良い景色1
良い景色2

チューリップ畑かな? のどかな場所ですね!

飛行船!

飛行船も飛んでいました! 停泊してる様子はないので世界中を飛び回っていたりするのでしょうか。
もしやこれに乗れる時が来るのでしょうか。黒い砂漠ならありえる…!

どうやらここが北部小麦農場のようですね! 早速軽く探索してみましょう!

なん…だと…

開幕やられました。
黒い砂漠はこういうほっこり要素も忘れていないところがいいですね!

奥で走ってる

調教して労働してもらっているんですかね。

少し進むと、普通のおばあさんって感じの方に案内役の妖精さんは案内しているようでした。

ノーマンさん

この方がノーマンさんのようですね。失礼だけど、とてもカルフェオンの巨大商団のトップとは思えない格好ですね。話し方もいかにも良い人って感じでした。

個人的にですが、巨大な組織の上に立つ人間は良い人というだけじゃダメという印象がありますね。なので私が現実でこのような人を見たとき、一番警戒しちゃいますねw

余談はさておき、イソベルさんと話さなければいけないので探しに行こうとしたら、ポビオスさんがすぐ近くにいました。話しかけるとイソベルさんは高いところが好きなので高いところにいるのではという話でした。高いところが好きって、なかなか可愛らしいですねw

それから雨霊はイソベルさんが好きそうな高いところを探すのであった…。

今回はここまで!

はい、皆さんお疲れさまでした^^ 今回はここまでになります!

昼過ぎから書いてたのに、だらだら進めてたらもう外が真っ暗にw
でもしっかり休めました^^

お互い明日からも頑張りましょう!w

それではみなさん、また次回でお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。